中古車買い替え方法などの豆知識まとめブログ

永久抹消登録の目的と特徴

2014.10.02

永久抹消登録の目的と特徴 はコメントを受け付けていません。

永久抹消登録の目的

永久抹消登録とは、その名称の通り日本国内での車両の登録を永久に抹消登録する為の手続です。

早めの抹消登録で還付金

自動車は使うと消耗していくものです。定期的に買い替えも必要ですし、事故に合った場合など乗れなくなってしまう場合もありますよね。

乗れなくなった自動車はそのまま保有していても、登録を抹消しない限り税金の請求が来てしまいます。自動車税は前払いですので、逆に早期に抹消登録を行うことで還付金を受け取ることも出来ます。

その為、事故に合った場合など乗れなくなった場合は早期に抹消登録を行いましょう。

解体する事が前提

永久抹消登録の特徴としては、自動車の解体が前提になっています。

その為、自動車が動かなかったり、年式が古く中古買取り業者が買取も不能になっている時などに行います。

ただ、今は廃車専門の買取業者もいますので、一度査定をしてもらうのもいいと思います。

解体業者に解体してもらう

自分で永久抹消登録を行う際は、まずは解体業者に車を持込みます。

買取業者に買い取ってもらえるなら次の自動車の費用に当てることもできるので解体すよりはお得です。

また解体をする場合、鉄屑になりますが、その鉄屑に値段もつきます。その時の相場にもよりますが、数千円以上はもらえるでしょう。

ただ、永久抹消手続を依頼すると費用が取られてしまいますので、費用をかけたくない場合は自分で行いましょう。

この永久抹消登録の目的は解体を含み、完全にその車の存在をなくしてしまうことになるのです。

再登録し将来的に再度乗りたかったり、保管しておきたい場合は一時抹消登録を行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ運営者 まめきち


車好きのアラサー。愛車はMINI COOPER!(・・・新型ほしい)買取査定の価格を算出する「簡易シミュレーション」を作成したので下取りの参考等にご利用ください。

あなたの愛車の買取価格はおいくら?


事故車専門の買取サイトはこちら!

カテゴリー