中古車買い替え方法などの豆知識まとめブログ

自分でできる車庫証明の取得方法

2014.04.18

自分でできる車庫証明の取得方法 はコメントを受け付けていません。

自分でできる車庫証明の取得方法

車を購入する時に車庫証明が必要になってきますが、車庫証明に関して購入するショップで手数料を取られることがあります。車庫証明というのは自分で取得することができますので、出来れば自分で取得した方が費用もかからずに済みます。今回は車庫証明を取得するための手順をまとめてみました。

車庫証明の手続きに必要な書類一覧

  1. 自動車保管場所証明申請書
  2. 車の保管場所の所在図・配置図
  3. 自認書
  4. 保管場所使用承諾証明書
  5. 使用の本拠の位置が確認できるもの
  6. 収入証紙
  7. 認印

※3,4のいずれか一枚の書類が必要。自分所有の土地の場合は3の自認書になります。

まずは警察署で必要書類をもらう

自分で車庫証明を取得する際にはまず車庫証明を取得するための書類を警察署にもらいに行きます。

大家さんに保管場所使用承諾証明書を記入してもらう

賃貸の場合であれば駐車場の持ち主(大家)に必要項目を記入してもらわなければなりません。そして必要な内容を記入した上で車の保管場所の地図を簡単に書いておきます。

その上で身分を証明するものと印鑑を持っていけば簡単に車庫証明を取得することができます。

Q.記入してもらえない時は?

書類への記入が難しい場合は、駐車場の賃貸契約書のコピーでも代用できます。

まとめ

業者に依頼してしまうと車庫証明の依頼をするだけでも数千円が必要になりますが、節約したという方は自分で車庫証明を取得するようにしましょう。

ただ、車庫証明を取得するためには警察署が空いてる時間でなければならないので、平日の昼間のみということになります。

ですから仕事を休んだりする必要があると思いますが、仕事を休むのと自分で車庫証明を取得するのとどちらがコストがかからないのかを考えた上で車庫証明を取得するようにしましょう。

車庫証明は代理人が取得しに行っても問題ありませんので、家族がいれば家族に頼んでしまうというのもよい方法だと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ運営者 まめきち


車好きのアラサー。愛車はMINI COOPER!(・・・新型ほしい)買取査定の価格を算出する「簡易シミュレーション」を作成したので下取りの参考等にご利用ください。

あなたの愛車の買取価格はおいくら?


事故車専門の買取サイトはこちら!

カテゴリー