中古車買い替え方法などの豆知識まとめブログ

新車の購入時に必要な諸費用まとめ!

2014.03.29

新車の購入時に必要な諸費用まとめ! はコメントを受け付けていません。

車を購入時に必要な諸費用

新車や中古車を購入する際は、車体本体の価格の他に諸費用が必要となります。初期費用には何に対していくらくらいかかるのか確認しておきましょう。

税金・保険関係

  • 自動車税
  • 自動車取得税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険料
  • 消費税

自動車税

まず必要なのが自動車税です。自動車税は4月1日に自動車を所有している方に課税されるものです。車の排気量によって金額が異なっています。年度途中で購入した際は月割計算をして支払うことになります。

50万円以上の自動車に対して課税される自動車取得税は、新車の場合は取得価格に対して普通車が5%と軽自動車で3%がかかります。

中古車の場合は税率は新車の場合と同じですが、取得価格は課税標準基準額に残価率を掛けたもので計算されます。エコカー減税対象車の場合はさらに減税されますのでご確認ください。

さらに、自動車重量税と自賠責保険も必要となります。

その他諸費用

  • 登録費用
  • 車庫証明費用
  • 納車費用
  • 下取り費用
  • リサイクル料金

リサイクル料

自動車リサイクル法に基づき、リサイクル料も支払う必要があります。車種によって料金は異なりますのでその都度ご確認ください。

中古車の場合は、前のオーナーが既に支払済の車の場合は支払う必要がありません。この他に車庫証明書や検査登録手続の費用が必要です。

これらの費用の目安としては、100万円の車体価格であった場合は諸経費に20~30万円程度を目安にするといいでしょう。

正確な費用が知りたい場合は、販売店の担当者に見積もってもらうように依頼してください。

中古車の場合は車検が切れている場合は、車検費用が別途必要となりますので覚えておくようにしてください。

おおよその諸費用概算額

最後に、車体価格にかかる諸費用金額の概算を一覧表でまとめておきます。車両価格の大体20%前後が諸費用としてプラスされると覚えておけば間違いありません。


車両本体価格

諸費用

100万円

約23万円

150万円

約28万円

200万円

約32万円

250万円

約36万円

350万円

約47万円

400万円

約51万円

450万円

約58万円

500万円

約64万円

550万円

約68万円

関連記事

コメントは利用できません。

ブログ運営者 まめきち


車好きのアラサー。愛車はMINI COOPER!(・・・新型ほしい)買取査定の価格を算出する「簡易シミュレーション」を作成したので下取りの参考等にご利用ください。

あなたの愛車の買取価格はおいくら?


事故車専門の買取サイトはこちら!

カテゴリー